スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

フックセレクトの重要性!

待ってくれ!ニジマス君!
P3090152.jpg

3月30日  am10:00
今日も友人のU野君とキャッチ&リリースに様子を見に出かけた。
いつものポイントに行ってみると、すでに二人ほどロッドを振っていた。
とりあえず橋の上から様子を見ることにした。すると先日宿泊してくれたK谷さんとS藤さんに出会い、色々と今日の状況を聞いてみたら、なんとか数匹を釣ったようですが、やはり活発にはフライを追わないらしい。
ダウンで魚の目の前に来て、はじめて捕食するようだ。
う~ん・・・?やはりスローなのか?先週よりも少しは良いようだが、今日は肌寒く水温も低いようで、風も少しあるのでハッチも期待が薄いかもしれない?と言う訳でとりあえず1匹を釣りストマックを確認することにした。
ポイントには夕べ宿泊してくれたT田さんがロッドを振っていたので、対岸にU野君と入ることにした。
ロッドをセットしていると、T田さんがヒットした!早速、画像に収めようとT田さんの所に行き、ストマックを採取したところ、シマトビケラやナガレトビケラのラーバがかなり捕食されていた。
これについては予想していたので、そのパターンの新作フライを作っており、T田さんに試しで使って見て下さいと、フライをプレゼントした。
直ぐに試してくれたら、運良くヒットした!ヤッタ~!とりあえずひと安心です。
で、自分のポジションに戻り釣りをスタートした。私も、もちろん新作フライで!
活性がスローなので直ぐにはアタリは無かったが、まもなくヒット!しかしバレテしまった?
とりあえずこのフライは釣れることが分かったので、別の新作パターンを試して見ることにした。
サイズは#10!しかし、このフライが後にとんでもない“悲劇”になるとは予想して無かった?
何度もアタリがあり、フッキングするのだが、どうしても途中で外れてしまう?
なぜ・・・?どうしてもリズムが合わない・・・? 自分で言うのも変ですが、今までに色々なスチューエーションでたくさんの魚をヒットさせ、ランディングには自信があったんですが、今回は普段には有り得ない変なところで簡単に外れるのだ!こんなことは初めてだ!それも一度ならぬ何度もだ!これにはマイッタな~・・・? 
その原因はフック形状にあった!
今までほとんど使ってなく、今回初めてのフックだ。
フック名は公表しないが、まず、フックポイントのストロークが浅く、ベント部分にかけてのゲイプが狭く、シャンクにRがかかり長過ぎるためだ!
これではテコの原理で簡単に外れてしまうだろう!引かれるラインの方向に対して、ある角度で魚が魚体をひねった時にその原理が働くのだ。活性が高く、飲み込む位にガップリと喰わえこんでくれれば良いが、今日みたいに活性が低いと口先だけしか使わないので特に外れやすい。実際には別のフックパターンに変えたら簡単にランディングできた!
これも適材適所というか、フック形状のデザインの重要性!こう言う事も実際には有るんだなと痛感しました。
今日はいい勉強になりました(笑)

3/30 現在の雪代の状況です!
P1020496.jpg
スポンサーサイト
Date: 2008.03.30 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。