スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

すべてのデータ解析が答えを導きだした!

強烈な引きを堪能!ヒレピンの50cmアップ!
P1020634.jpg

4月13日 am9:00 
私にすれば、いつもより早く川に行ってみた。
寒~い!何なんだこの寒さは、雪でも降るんじゃないのか?
昨日は風が強いし、今日は寒いし、どうも不安定な天候だ。
珍しく釣り人が少ない。そんな中、友人のH川君がロッドを振っていた。
状況を聞くと水温が低く、魚もフライを追わないらしい!彼はウエットをしていたようだ。
今日の天候と気温、先週よりも幾分増した水量、そして南東の風!
現時点での活性が低い事はすぐに判断できた。まっ・・・これからでしょう!昼近くには水温も上昇するだろうから、その時がチャンス。とりあえず、○○○橋下のプールに移動して見た。
すでに3人ほどロッドを振っていたがヒットしているようでは無いようだ。
ロッドをセットして川に降りた。まもなく友人のU野君も到着し合流した。
まずは水温、思ったように6,4℃と低い。
普段だと7.5℃はあるのだが、わずか1℃の差が食いに大きく左右される!ハッチも無く、ライズも無い!
前回、好調だった○○ニンフにさらにショットを付け、新作のオリジナルマーカー“ハックルフロート”をセットし、シンクレートはかなり深めにした。魚は定位しているが動かない、さらにタナを深くした。
マーカーに変化が?ヒットだ!中々のサイズだがちょっと強引過ぎて外れてしまった。
これで大体のシンクレートは分かったので、ここでポイントを変えてみることにした。
程無くしてヒット!すぐにストマックを撮り、水温を計った。7,6℃まで上昇している。
その時のストマックがこれだ!
P1020613.jpg

捕食が始まったようで、完全にボトムを意識している!フライもマッチしていた! 
am11:00過ぎ、これを機にアタリが出始めてきた!またすぐにヒットだ!対岸のU野君も苦戦していたがヒット!ダブルヒットだ!その後H川君もヒットだ!かなり状況が良くなってきた。
しかし、圧倒的に私のフライへのアタックが多かった!それは今までのデータ解析を元にフライのサイズ・色・ウェートの量などを参考に巻いたオリジナルフライだ!
pm12:00頃にはライズも始まった!それにしても寒い!手は冷たいし、厚着をしなかったのが今になって後悔している。ライズの数も増えてきた!よく見ると水面にはたぶん、オオクママダラだと思うがダンの流下が始まっていた!こうなればドライですよ!すかさずフライをドライに!
しかし、全くアタックしてこない?なぜ?ライズは結構激しく、水しぶきを上げている!
どういう訳か全くドライには反応しない?もしかして、イマージャー?いやっ・・今使っているフライでもアタックはあるはず!あれだけ派手にライズをしているのだから・・・・・?
もしかしてアレか・・・?○○フライを水面を切って流した!思ったとうり直ぐに食いついてきた!
その時のストマックがこれだ!
P1020637.jpg

やはりシャックを捕食していたのだ!その時の水温は8,2℃!
この水温がマダラカゲロウのハッチにつながったようだ!
あれだけダンが流下していたのに、何故かシャックだけを捕食?そして派手なライズ?
その行動とはおそらく・・・・・? 普段ライズは魚もかなり表層近くに上ずっているはず!今日のように、ボトムに定位し水中の捕食をメインにしている時、特に水温も低く、水量も多い状況では、いきなりダンが出ても魚は余計な労力を使ってまで水面には出ず、出来るだけ楽に捕食したいはず!
そんな時にシャックが大量に流下を始めたので、ボトムから勢いあまって水面近くまで浮き上がったのが、派手なライズとして我々には見えたのだろう!その証拠にダンはストマックに無かった!
それがドライに反応しなかった理由だと私は思う!
しかし、わずか1℃~2℃の水温の差がこれだけのドラマを生むのだから、状況判断ってとても大切ですね!10匹近く釣れましたが、すべての答えが見つかったので、寒いからpm2:30で終了です。
これから、“ふきのとう”にみそラーメンを食べに行きます。
P1020617.jpg

P1020631.jpg


スポンサーサイト
Date: 2008.04.14 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。