スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

3月からキャッチ&リリース区間が変更・延長されます!

H22年度3月1日からキャッチ&リリース区間が変更・延長されます!

現在の区間よりさらに上流・軍沢川合流までの約3.5kmが新たに
ヤマメ・イワナのキャッチ&リリース区間として延長となりました!

また、現在のC&R区間のメインエリアである荒雄川橋より下の轟堰堤より上流~谷地堰堤まではフライ・ルアーの専用区となり、餌釣りは轟堰堤よりさらに下流に変更され、実に全長6.2kmになりました!

まだまだ色々な面で、漁協としてもテスト的な部分も踏まえておりますが、今後が楽しみな河川となってほしいものです!

とり急ぎ、ご報告まで!

分かりにくいかもしれませんが、とりあえず!

P1050412.jpg
P1050415.jpg


現行のキャッチ&リリース区間がA区間
新設のキャッチ&リリース区間がB区間と言う表現になります

で、現行のキャッチ&リリース区間が轟堰堤から上がフライ・ルアー専用区に変更となりました

今回の区間延長は、1つの河川でヤマメ・イワナのエリアとニジマスのエリアが同時に楽しめる
全国的には珍しい新しいスタイルのキャッチ&リリース区間になりそうだ!
区間の間に大きな谷地堰堤が在るため、大きなニジマスの性質上、ほとんどは魚道を登りません
再生産された稚魚のほんの一部だけが登っているようですが、これである程度の棲み分けが可能となるようです

延長されるB区間はイワナやヤマメなので、もちろん#2~#3でドライフライを楽しみたいし、
A区間では#4~#5でのウエットやニンフで大型のニジマス、もちろんドライも楽しめるだろうし、これは万全なタックルで望まなきゃいけないと思いますよ!

とにかく、雪代が終息してからが凄いことになりそうですね!






スポンサーサイト
Date: 2010.02.14 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。